F1:Formula Web Gallery  懐かしきF1の世界へ OLD  F1  Gallery

TOP

カスタム検索
当サイト内での検索にご利用ください

F1 Formula Web Gallery OLD F1 Gallery

JPS LOTUS  F1 歴代のフォーミュラマシンからグランツーリスモを紹介するFormula Web Gallery懐かしきF1の世界へ「OLD F1 Gallery」星野&中嶋 夢のF1対決の行方は?(Williams HONDA FW11、LOTUS HONDA 100T)  McLAREN HONDA   MP4/6(第二期ホンダF1)FERRARI 412T2(フェラーリF1最後のV12気筒エンジン搭載)LEYTON HOUSE MARCH CG901 JUDD(ニューウェイ最後のレイトンハウスF1マシン)佐藤 琢磨:SUPER FORMULA SF13TYRRELL 019 COSWORTH(現代F1の主流ハイノーズF1マシン)FERRARI F2003-GA(フィアットのジャンニ・アニェッリ名誉会長の名を付けたF1マシン)HONDA NSX-GT CONCEPT





F1(フェラーリF187)F1(フェラーリF187)

当サイトメインコンテンツである懐かしいF1を紹介するコーナーです。葉巻型からウィングカー等の空力デザインの進化、V型6気筒ツインターボからV型12気筒のエンジンサウンドも一部のF1で聞く事が出来ます。お勧めはロータス・フォード77ですフォード・コスワースDFVのV8サウンドをぜひ聞いてください

フォーミュラニッポン(レイトンハウスマーチ90B)フォーミュラニッポン(レイトンハウスマーチ90B)

ここで紹介するフォーミュラは主にフォーミュラニッポン(全日本F3000)で使用されたシャーシを中心に下位カテゴリーから上級カテゴリーの区別なくF1以外のフォーミュラカーを紹介していきます。2014年からスーパーフォーミュラで使用されるのはダラーラ・SF14、お勧めのシャーシはG-フォースGF03です

SUPER GT トヨタセリカSUPER GT トヨタセリカ

コンテンツ量(展示台数)が一番多いコンテンツになります、グランツーリスモと銘打っていますが基本的に箱車という括りで市販モデルからスーパーカー、幻のコンセプトモデル、そしてもちろんSUPER GTに参戦しているマシンや世界で活躍したレーシングマシンを大量に紹介します。お勧めはLe Mans24時間優勝マシンのマツダ787Bです

特別展示(鈴鹿サーキット・イベント)特別展示(鈴鹿サーキット・イベント)

このコンテンツでは過去に取材したイベント等をフラッシュを使った形で紹介するコーナーになります、ここでは実験的に色々な展示方法を試している場所です。展示写真を見れば当時のイベントの空気感が判るように作りました(携帯、スマートフォンでは閲覧できないページがありますのでパソコンからどうぞ)

2013年当サイトでもっとも閲覧された人気マシンは?

マクラーレンホンダMP4/5

2013年もっともアクセス数があったページに掲載されていた人気のマシンはマクラーレンホンダMP4/4、MP4/5、MP4/5Bでした。特にこの年はデモ走行する機会がありMP4/4&MP4/5のランデブーやMP4/6のデモ走行があり再びマクラーレンホンダというキーワードが注目された年でもありましたもちろんF1に戻ってくるという点も見逃せません
2位にはレイトンハウス881ジャッド、CG891、3位はロータス77フォードという、管理人の趣味通りのF1でした。
ミドルフォーミュラでは意外な事にローラT90-50がランクイン(と言っても30位にすら入れませんが)2位にはローラB351、FN06が2013年まで現役だったスウィフトFN09(SF13)は41位という結果に

GTではモスラーMT900Rが唯一トップ10入りの8位、後はフェラーリFXX、マクラーレンF1GTRと続きました。かろうじてトップページから飛べるのはモスラーMT900RとローラFN06のみ後はトップページを介さず直接検索エンジンで訪問される方が多かったですね。2015年からはマクラーレンホンダが復活しますし再びF1ブームが来るのか?

2013年の傾向としてF1の強さが目立った年でした、2010年のランキングトップだったモスラーMT900Rが踏みとどまったという感じですね、2014年はどのマシンがトップ10入りするか?

タイレルP34・フォードF1史上もっともユニークなF1として有名なタイレルP34、スポーツカーノーズとシックスホイラー(6輪車)として有名です・・・・

Tyrrell P34 FORD

SUPER AGURI HONDA SA07元F1ドライバー鈴木 亜久里が率いたスーパーアグリF1、SA07はチーム初の入賞を果たしたマシン・・・

SUPER AGURI HONDA SA07

HONDA RA272ホンダ第1期F1初優勝マシンであるRA272当時は1.5リッターで12気筒エンジンという当時の技術レベルを考えると超高回転型エンジンでした・・・

HONDA RA272

TOYOTA TF109現時点でTOYOTA最後のF1であるTF109は小林 可夢偉選手が実戦デビューしたマシンとなった、大きく空力制限を受けた為デザインが従来の物と比べると直線的になり通称チリトリとも呼ばれました・・・

TOYOTA TF109

LORA FN06 2006~08年にかけて登場したフォーミュラニッポン・シャーシ、ローラFN06(B06/51)この時代からトヨタ、ホンダの2メーカーによるエンジン供給が始まりました・・・

LOLA FN06

YAMAHA OX99-11幻のスポーツカー、ヤマハOX99-11は3.5リッター12気筒のF1エンジンを搭載した空力を強く意識したデザインが美しいマシンです・・・

YAMAHA OX99-11

NISSAN SKYLINE GT-Rレースの世界に復帰したGT-R(R32)の後を受けて登場したR33型GT-R、98年にはチームタイトル&ドライバーズタイトル2冠マシンです・・・

NISSAN SKYLINE GT-R

レースの世界に復帰したスカイラインGT-R(R32)の後を受けて登場したR33型GT-R、1998年にMOSLER MT900RモスラーMT900RはシボレーV8を搭載して直線番長として活躍、独特のエンジンサウンドが魅力でした、後にMT900Mというエンジンを変更した仕様も・・・

MOSLER MT900R

HONDA HSV-010GT長きに渡って参戦してきたNSXに変わって登場したHSV-010GT、エンジンがフォーミュラニッポンと共用となった為そのエンジンサウンドは正にフォーミュラそのもの・・・

HONDA HSV-010GT

F1 Formula Web Gallery 懐かしきF1の世界へ
「OLD F1 Gallery」とは?

管理人からのご挨拶

F1からフォーミュラニッポンや過去のカテゴリーに登場した魅惑のマシンを写真で紹介、1960年代から2000年代までの葉巻型からウィングカーへの変化空力デザインの変化独特のデザインワークを楽しんでください

80年代から90年代の懐かしのF1から最新のF1の世界へ

モータースポーツの歴史を写真と動画で振り返ります

このサイトで発表している写真は管理人自らの足で稼いだ「作品」です、無断転載・画像持ち出し等は禁止いたします

head_050906.gif

09.4.17.ヤフーカテゴリーに登録されました(F1>画像)
10.3.(F1>歴史)に変更になりました

管理人と掲示板以外で連絡を取りたい時はメールフォームをご利用ください


ページの先頭へ