F1:Formula Web Gallery  懐かしきF1の世界へ OLD  F1  Gallery

HOME > SUPER GT > LAMBORGHINI COUNTACH LAMBORGHINI DIABLO JGT1


LAMBORGHINI Countach LP400(1974)

ランボルギーニ カウンタック LP400

カテゴリー:スーパーカー

1971年にプロトタイプとして発表されたLP500から3年後排気量を5000㏄から4000㏄にスケールダウンをして登場したのがこのLP400は生産台数僅かに150台

ランボルギーニ・カウンタックLP400

その後カウンタックはLP400S、LP500S、5000クアトロバルボーレ(5000QV)・25thアニバーサリーと進化を続けて最終的には排気量5200㏄、455馬力を叩き出した

そして1990年に後継車種ディアブロにバトンタッチをする歴代のスーパーカーの中でも有名な車種でもありカウンタック・レプリカが多く作られました
ブロバーやGT選手権などにも登場したMIRAGE(ミラージュ)辺りが有名でしょうか?


ランボルギーニ・カウンタックLP400ランボルギーニ・カウンタックLP400ランボルギーニ・カウンタックLP400ランボルギーニ・カウンタックLP400

クリックすると拡大します

LAMBORGHINI Countach LP400
LAMBORGHINI Countach LP400:
全長:4140mm
全幅:1890mm
全高:1070mm    
重量:1065kg
ホイールベース:2450mm
エンジン:  水冷V型12気筒 DOHC 
     自然吸気 ミッドシップ縦置き
排気量 :3929㏄
最高出力:375ps/5500rpm
トランスミッション 5速

管理人メモ:意外と撮影していなかったカウンタック機会があればじっくり撮影したいものです

LAMBORGHINI DIABLO JGT1(2001~03)

ランボルギーニ ディアブロ JGT1

カテゴリー:JGTC 500クラス

ランボルギーニ本社にJLOCが製作を依頼したディアブロJGT-1

ランボルギーニ ディアブロ JGT1

2001年に投入されたこのマシンは前年までのディアブロとは違いJGTC用ランボルギーニ・GTレーシング専用車として登場

低い車高と大排気量から繰り出されるトップスピードは国産ワークスGTマシンと互角以上
吸気制限がもう少し緩ければもっと実力を発揮出来たマシンだったでしょう


ランボルギーニ ディアブロ JGT1ランボルギーニ ディアブロ JGT1ランボルギーニ ディアブロ JGT1

クリックすると拡大します

ランボルギーニ ディアブロ JGT1
LAMBORGHINI DIABLO JGT-1(2001):
全長:4685mm
全幅:1980mm
全高:1042mm    
重量:
ホイールベース:mm
エンジン: T90132GT 水冷V型12気筒 DOHC 
     自然吸気 ミッドシップ縦置き
排気量 :5994㏄
最高出力:over600ps/7000rpm
トランスミッション シーケンシャル6速

管理人メモ:今まで聴いてきたエンジン音で6リッターのランボV12サウンドほど体が震えたエンジンサウンドはありませんでした



ページの先頭へ