F1:Formula Web Gallery  懐かしきF1の世界へ OLD  F1  Gallery Formula Web Gallery懐かしいF1の世界へ


MOSLER MT900R(2001~2007)

モスラー MT900R

カテゴリー:JGTC、SUPER GT GT300クラス

2001年に登場したモスラーMT900Rは当初チーム・スリランカが日本に持ち込んだが後にA&S RACINGが母体チームになる

MOSLER MT900R

元々はMosler Automotive社のモスラーMT900という市販車ベースでレーシング仕様としてMT900Rがあります

デイトナ24時間や世界のGTレースで活躍するモスラー日本では余り目立った成績はありませんが、富士スピードウェイでは滅法強く旧富士では最後のGT300クラスのポールシッターマシンでもあります


MOSLER MT900RMOSLER MT900RMOSLER MT900RMOSLER MT900RMOSLER MT900RMOSLER MT900Rモスラー MT900Rマッハ号(モスラーMT900R)

クリックすると拡大します

MOSLER MT900R
MOSLER MT900R:
全長:4683mm
全幅:2086mm
全高:
重量:1200kg以上
ホイールベース:2775mm
エンジン:シボレー LS-1 水冷V型8気筒 OHV 
      自然吸気 ミッドシップレイアウト
排気量 :6155cc
最高出力 over300ps
トランスミッション 6速シーケンシャル

管理人メモ:登場以来一度もモデルチェンジせずシャーシにストレスが・・・大排気量エンジンらしいエンジンサウンドが魅力でした


MOSLER MT900M(2010~11)

モスラー MT900M

カテゴリー:SUPER GT300クラス

2010年に参戦したシンガポールのチーム、サンダーアジア・レーシング過去に参戦していたモスラーMT900R(上記のマシン)とは全くの別物

モスラー MT900M

カーボンパーツを多用し、空力にも拘ったデザインになっています
そして注目のエンジンは市販型シボレーではなくレーシングエンジンのJUDDに変更、これによりモスラーの直線番長は影を潜めたが扱いやすい特性になっているという


DSCF5994.JPGモスラー MT900Mモスラー MT900Mモスラー MT900Mモスラー MT900M

クリックすると拡大します

モスラー MT900M
MOSLER MT900M:
全長:4669mm
全幅:2000mm
全高:1020mm
重量:1100kg以上
ホイールベース:2770mm
エンジン:JUDD Type XV 水冷V型8気筒 自然吸気 
      ミッドシップレイアウト
排気量 :3397cc
最高出力 over300ps/8000rpm
トランスミッション 6速シーケンシャル

管理人メモ:MT900Rのエンジンサウンドが懐かしく思えました

ページの先頭へ