F1:Formula Web Gallery  懐かしきF1の世界へ OLD  F1  Gallery Formula Web Gallery懐かしいF1の世界へ


ローラT70マーク3

LOLA T70 MK.3

カテゴリー:日本グランプリなど

イギリス製のレーシングマシンであるローラT70マーク3はローラT70の発展型にあたり1960年代後半を代表する一台です
外見はガルウィングを採用しエアインテークからマシン後部の分割式のダックテールを持つ空力デザインが
特徴です

ローラT70マーク3

このマシンは滝進太郎氏が率いたタキ・レーシングの一台で日本にも数台渡ってきています
当時のライバルはニッサンR381で同じシボレーのムーンチューンエンジンを搭載していました

記録によるとアストンマーティンやシボレーのエンジンを搭載しシボレーエンジンでは排気量違いやチューナーの違い等があったそうです

画像をよく見れば判りますがスペアタイヤを搭載しています、これはレギュレーションの為でサーキット走行するのになぜ必要だったのか?そういう時代だったんでしょうか?


ローラT70マーク3ローラT70マーク3ローラT70マーク3ローラT70マーク3ローラT70マーク3ローラT70マーク3

クリックすると拡大します

ローラT70マーク3
LOLA T70 MK.3:
全長:mm
全幅:mm
全高:mm    
重量:820kg
ホイールベース:2489mm
エンジン:シボレー 自然吸気 V型8気筒 OHV
排気量 :5500~6300㏄
最高出力:over450ps
トランスミッション:ヒューランド製5速Hパターンシフト

管理人メモ:やはり古典的な大排気量V8エンジンサウンドはしびれます

ページの先頭へ