Ferrari FXX K 

フェラーリFXX K

カテゴリー:サーキット専用車両

 
初代のFXXF599XX EVOに続く第3のXX、それがこのフェラーリFXX Kです
ベース車両はラ・フェラーリだが大幅にパワーアップし外見もFXXの名にふさわしいものになっています

フェラーリ FXX K

フェラーリ R&Dプログラムにより開発されたハイブリッドマシン
このマシンの特徴は現在のフェラーリが持つ技術の全てを注ぎ込んだものでレースごとのレギュレーションに捕らわれない為パフォーマンスを優先して制作された
 
名前にある「K」はF1でも有名になったエネルギー回生システムの「KERS」から来ており6.2リッターV12プラス電気モーター(KERS)で1050馬力を実現
 
空力的にはアクティブ・ウィングを装備し巨大なダウンフォースを生み出す仕組みになっています
重量的にはどの程度の重さがあるかは判りませんが1000馬力+電子制御で挙動を抑え込めば相当な戦闘力を秘めていると思います
 


 
フェラーリ FXX K
フェラーリ FXX K
フェラーリ FXX K
フェラーリ FXX K
フェラーリ FXX K
フェラーリ FXX K

クリックすると拡大します

 
フェラーリ FXX K

Ferrari FXX K:
全長:4896mm
全幅:2051mm
全高:1116mm
重量:kg
ホイールベース:2650mm
エンジン:Ferrari 水冷V型12気筒 DOHC+HY-KERS  
排気量 :6262cc
最高出力:over860ps/9200rpm +モーターアシスト190ps
トランスミッション: 7速DCT

管理人メモ:生産台数32台のうち4台が登場した贅沢なイベントでしたね

 

 

ページの先頭へ