HONDA CIVIC Si‐R

ホンダシビックSi‐R

カテゴリー:全日本ツーリングカー選手権(グループA)

 
1990年から登場したグランドシビックSi‐R(EF9)はVTEC(可変バルブタイミング・リフト機構)を搭載した市販車ベースのマシンだったが旧モデルのEF3(ZCエンジン搭載)からの問題点フロントヘビーがEF9でさらに酷くなったという弱点も

ホンダ シビックSi‐R

 
さらに当初VTECは音が変わる程度と評価されB16AからVTEC機構を外してレースをしていた時期もありました
最終的には1.6リッターからover200馬力を絞り出して15戦中8戦で勝利を収めチャンピオンマシンに輝きました
 


 
ホンダ シビックSi‐R
ホンダ シビックSi‐R
ホンダ シビックSi‐R
ホンダ シビックSi‐R

クリックすると拡大します

ホンダ シビックSi‐R

HONDA CIVIC Si-R:
全長:3955mm
全幅:1680mm
全高:1300mm    
重量:800㎏+
ホイールベース:2500mm
エンジン:HONDA  B16A 水冷4気筒 自然吸気
排気量 :1595cc
最高出力:over205ps/7800rpm
トランスミッション:5速

管理人メモ:当時EF型に憧れて初めてのホンダ車はCR-X(1.5リッターモデルでしたが)を購入したのです

 
 

ページの先頭へ