LAMBORGHINI Countach QVX(1985)

ランボルギーニカウンタックQVX

カテゴリー:グループC

 
1985年に製造されたランボルギーニ カウンタック QVX(クワトロ バルボーレ エックス)は元々Le Mans24時間耐久レースに出場する目的で作られたマシンでグループBというカテゴリーに出場する為にカウンタックLP500Sを改造してエントリーする話がありましたがエントリーするには製造数が少ないという問題がありました

ランボルギーニ・カウンタック QVX

そこでグループCのマシンとして新しくマシンを創る事になりました、それがランボルギーニ カウンタック QVXです
 
シャーシはスパイス・エンジニアリングが担当してエンジンはランボルギーニ製カウンタック QV 5200ccのエンジンをボアアップし5700㏄ V12を搭載し650~700馬力を叩き出しました
 
しかし資金難の為僅か数戦でその姿を消したQVXその雄姿を2004年以来見る機会がなかったのですが2012年広島でまた出会う機会がありました
 
今回全体像を撮影する事は叶いませんでしたのでまた時を経て再会出来る事を楽しみにしておきます
 
 
 
 
 


 
ランボルギーニ・カウンタック QVX
ランボルギーニ・カウンタック QVX
ランボルギーニ・カウンタック QVX
ランボルギーニ・カウンタック QVX
ランボルギーニ・カウンタック QVX
ランボルギーニ・カウンタック QVX
ランボルギーニ・カウンタック QVX
ランボルギーニ・カウンタック QVX

クリックすると拡大します

ランボルギーニ・カウンタック QVX

LAMBORGHINI Countach QVX:
全長:4674mm
全幅:1930mm
全高:1003mm    
重量:850kg+
ホイールベース:mm
エンジン:水冷V型12気筒 DOHC
      自然吸気 ミッドシップ縦置き
排気量 :5700㏄
最高出力:over650ps
トランスミッション 5速

管理人メモ:動画ではエンジン音が音割れしていますが「生音」は心地よい爆音・・・御馳走様でした

 
 

ページの先頭へ