Mercedes Benz CLK-GTR

メルセデスベンツ CLK-GTR

カテゴリー:FIA-GT選手権 GT-1クラス

FIA-GTに参戦する為に作られたメルセデスベンツCLK-GTRは市販モデルとしても25台程度制作されており、運が良ければ街中で見れない事もないマシンです
レース仕様のマシンは軽量化と強度を両立する為にカーボンファイバーモノコックを採用しています

メルセデスベンツCLK-GTR

日本でも1997年鈴鹿1000km(当時はFIA-GT選手権の枠でした)でA・ナニーニ/M・ティエマン/B・シュナイダー組が総合優勝を果たしています

そしてCLK-GTRが進化したマシンがCLK-LM
CLK-LMを発展させたのがCLR、このマシンはM・ウェバー、日本で活躍したピーター・ダンブレックをLe Mans24時間で3度宙に舞わせたマシンとして有名ですね

その後メルセデスベンツはLe Mans24時間から撤退してしまいました


メルセデスベンツCLK-GTRメルセデスベンツCLK-GTRメルセデスベンツCLK-GTR

クリックすると拡大します

メルセデスベンツCLK-GTR
Mercedes Benz CLK-GTR:
全長:4900mm
全幅:1999mm
全高:1119mm    
重量:940kg
ホイールベース:2670mm
エンジン:M119 V型12気筒 自然吸気 
排気量 :5987cc
最高出力:over600ps
トランスミッション:6速シーケンシャル

管理人メモ:撮影したのは2006年のJLMC(全日本ルマン選手権)、僅か2年の開催でした、もう少しパーテーションの設置方法考えて欲しかったですね


ページの先頭へ