F1:Formula Web Gallery  懐かしきF1の世界へ OLD  F1  GalleryF1 Formula Web Gallery懐かしいF1の世界へ



TOKYO R&D FV/2K

東京R&D FV/2K

カテゴリー:FJ-1600

SUPER GTでおなじみのVEMACシリーズを生み出した東京R&DのFJ1600シャーシFV/2K、前作のFV/95/98の発展型のシャーシでした

FV/2K

基本はパイプフレームで構成されており軽量なシャーシと低重心水平対向エンジンの組み合わせで下位フォーミュラ・カテゴリーを支えてきたマシン

現在はエンジンの供給が底を着き、2009年にJAF地方選手権から外れ2007年から新たに始まったS-FJが後継シリーズになっています


エンジン:スバル EA71 水平対向4気筒 OHV 自然吸気
排気量:1597cc
最高出力:120ps
全長:3800mm
全幅:1700mm
全高:1005mm
ホイールベース:2250mm
車両重量:400kg以上(ドライバーを含まず)  
トランスミッション:

管理人メモ:昔はメインレースの後にFJ1600のレースが組まれる事がありレースアナウンサーの「この中から将来F1ドライバーが出てくるかもしれない!」というトークで盛り上がったカテゴリーでした

FV/2K

クリックすると拡大します。

TOKYO R&D FV/202(2007)

東京R&D FV/202

カテゴリー:スーパーFJ

2007年から始まったS-FJの規格に沿って製造された東京R&DのFV/202
FJ1600とは違い前後にウィングが装着されているのが特徴相変わらずパイプフレーム・シャーシですが安全性は向上しました

RD FV202

エンジン:ホンダL15A 直列4気筒 OHC 自然吸気
排気量:1500cc
最高出力:120ps

全長:mm
全幅:mm
全高:mm
ホイールベース:2250mm
車両重量:485kg  
トランスミッション:5速

管理人メモ:東京R&DのS-FJシャーシ初号機です

RD FV202RD FV202

クリックすると拡大します。

ページの先頭へ