G-FORCE GF03 MUGEN (1999)

G-フォース GF03 無限

カテゴリー:フォーミュラニッポン

99年に新規格シャーシに変更するというレギュレーションによりローラレイナード、そしてG-フォースが新型を開発した

特にG-フォースは前年からGF02で先行開発を開始当時のチャンピオン・チームのノバ・エンジニアリングとの提携(日本側の言うことを聞いてくれなかったそうです)で進めていた
余談だが後にこのGF02は2シーターフォーミュラマシンとして2年間活躍した

G-FORCE GF03

そしてGF03は00年にGF03B、01年にGF03C(上方排気システムを備えていた)とバージョンアップしていったのだが成績は振るわず最後にはノバがエントリーの1台をレイナードにスイッチした程
最後のユーザーがFN04年王者リチャード・ライアンと言うのも皮肉な話

ちなみに唯一の勝利を挙げたのがジョーダン・フォードでF1にステップアップしたラルフ・ファーマン
どうやらこのシャーシはドライバーの腕を証明するのにはもってこいのマシンだったかもしれません

実はこのマシン、ファーマン車と書いてあったんですが、2000年にレイジュンのosamu選手が買い取ってます、同型マシンも土屋 武士選手がスポット参戦する為に(加藤 寛規のマシン?)購入(レンタル?)したはずと言うことはこのマシンはスペアカー?

2000年にはノバの黄色、レイジュンの青色、KONDOの赤色と3色のG-フォースが揃った年でした・・・懐かしい話です

G-フォース GF03:
全長:4300㎜
全幅:1976㎜
全高:983㎜
ホイールベース:2845㎜
重量:625㎏(ドライバー含む)

管理人メモ:デザインの美しさと仕上げはピカイチだったG-フォース、後にパノスに吸収されます

G-FORCE GF03G-FORCE GF03G-FORCE GF03G-FORCE GF03G-FORCE GF03

クリックすると拡大します。

ページの先頭へ