RALT HONDA RH-6-80(1980)

ラルトホンダ RH-6-80

カテゴリー:欧州F2

久々にF2のカテゴリーに戻ってきたホンダは当時のレギュレーションで2リッターのエンジンで争われていたクラスにV型6気筒エンジンを投入

当時のライバルは直列4気筒エンジンが主流だったがホンダは得意の高回転技術を用いて最終型は350psまで高められた

ラルトホンダRH-6-80


エンジン:HONDA V型6気筒 DOHC
排気量:1996.3cc
最高出力:over310ps / 10,500rpm
車両重量:515kg 

管理人メモ:当時のドライバーは全日本F2でも活躍したジェフ・リースとナイジェル・マンセルのコンビ

ラルトホンダRH-6-80

クリックすると拡大します。

RALT HONDA RH-6-81(1981)

ラルトホンダ RH-6-81

カテゴリー:欧州F2

先に紹介したRH-6-80の発展モデルのマシンで80度2000㏄V6エンジンを搭載超ショートストロークの高回転型エンジンでライバルを蹴散らした、今のレベルで見ると10500回転は低く感じますが350馬力オーバーです

ラルト ホンダ RH-6-81

ドライバーは日本でも活躍したジェフ・リースと後のF1ドライバーマイク・サックウェル
F2復帰後2年でヨーロッパF2選手権のドライバーズタイトルを奪取

エンジン:HONDA V型6気筒 DOHC
排気量:1996.3cc
最高出力:over350ps / 10,500rpm
車両重量:

管理人メモ:同じラルトのシャーシですが細部を見るとかなり変更していましたね

ラルト ホンダ RH-6-81ラルト ホンダ RH-6-81ラルト ホンダ RH-6-81ラルト ホンダ RH-6-81ラルト ホンダ RH-6-81

クリックすると拡大します。

ページの先頭へ