Patrick WildcatⅢ DGS (1978)

パトリック ワイルドキャット3 DGS

カテゴリー:INDYCAR

パトリックレーシングで製作されINDY500史上初の女性ファイナリストであるジャネット・ガスリーがチームを起こしオーナー兼ドライバーとして操ったのがこのPatrick WildcatⅢです

Patrick WildcatⅢ

ジャネットガスリーは凄い肩書きの持ち主で、パイロットでありエンジニアであり科学者であります、彼女は1976年からINDY500に挑戦しました

エンジンはアートスパークとレオグーセンの2人がデザインしたドレーク(ドレイク)・オッフェンハウザーの改良型を搭載、オッフェンハウザー、通称オッフィーエンジンは1970年代を代表する最強エンジンの1つですが1979年に撤退しました

その後INDYにはコスワースDFXが勢力を伸ばしてきます、DFXはF1エンジンDFVのショートストロークバージョンにターボチャージャーを組み込んだエンジンです

エンジン:ドレーク・オッフェンハウザー改 直列4気筒 
DGS158 CIターボ
排気量:2638cc
最高出力:over950PS?

全長:mm
全幅:mm
全高:mm
ホイールベース:mm
車両重量:kg  
トランスミッション:

管理人メモ:70年代のINDY CARのデザインとしても価値のあるPatrick WildcatⅢ、空力デザインがわかりやすいのが好印象です

Patrick WildcatⅢPatrick WildcatⅢPatrick WildcatⅢドレークオッフェンハウザーエンジン

クリックすると拡大します。

ページの先頭へ