F1:Formula Web Gallery  懐かしきF1の世界へ OLD  F1  Gallery鈴鹿ファン感謝デー2016


鈴鹿ファン感謝デー2016

今年のテーマは対決だ!


2016年3月12~13日に開催された鈴鹿サーキットの恒例行事、鈴鹿ファン感謝デー2016の初日に参加してきました
本来はホテルも抑えて土日両日参加の予定を組んでいましたが思った以上に花粉症の症状が酷くなった事もあり初日で切り上げました

快晴の鈴鹿サーキット始まりましたファン感謝デー

では土曜日の様子をリポートします、まず正式なプログラムが始まる前に各マシンがチェックの為フェラーリF187、レクサスSC430、ニッサンGTR、ホンダHSV-010GTなどが走行しました

ほう・・・F187は松田次生選手がドライブしてるか、昨年のF1GPでFOAにデモ走行を潰されたから再びチャンスが巡ってきてよかったですね、そもそもF1経験がないという事で拒否されたんですが松田選手の実績を舐めてもらっては困りますね

まずはCR-Zドリームレースから・・・このレースでは当初ジャン・アレジ&ジュリーアーノ・アレジの親子が参加する予定
だったのですがジュリアーノがなんとフェラーリ・レーシング・アカデミーに加入されたという事で大人の事情で不参加になりました
お互いの健闘を称えるアレジ親子
ホンダの現役レーサー+レジェンド枠で中嶋監督、ジャン・アレジ氏が限られた燃料での「燃費を考えた」レースだったのですが燃料の計算を間違えたのが全開で行っても初日はガス欠のマシンは出ませんでした、日曜日はガス欠車が出たそうですが・・・

勝ったのは最後尾スタートのジャン・アレジの赤いCR-Z(5号車)ここからアレジ劇場が始まりました

GT500チャンピオンズトークでは、脇坂寿一監督、本山哲選手、松田次生選手が登壇色々なレースの裏話などを話していました
そして松田次生選手がフェラーリF187を颯爽とスタートさせようとするが・・・・

ここで脇坂寿一監督の絶妙なフォローが、無事スタートを切ってデモ走行が終わりました
次に市販型NSXが鈴鹿サーキットに初登場を言う事でホンダのマシンをタイムハンディキャップ制での戦いが開催されました
順当にいけばNSXが最後にかわすというお約束のあれです
シビックタイプR,NSX新型NSX
まずはS660に乗るアレジがスタート、その後CR-Z、シビックタイプR、NSXの順番でスタートを切る訳ですがNSXのハンデはS660から45秒しかしまさかの「P」の解除を忘れさらに3秒のビハインドが・・・
結局最初にチェッカーをシビックタイプRをドライブするストフェル・バンドーン選手、こういうハプニングもイイですね(苦笑)

次にいよいよお待たせの親子対決、マシンはジュリアーノが父がドライブしたティレル019を駆りジャンはフェラーリF187を
駆ります、ジャンはこの日の為に白色ベースの昔のヘルメットを準備してきました、そして息子のヘルメットもよく似たデザインでした

時代は違うがやっぱりフェラーリに乗るジャン・アレジは絵になるなぁ・・・おっさんですがなにか?

フェラーリF187&ティレル019

そしてメインイベントの永遠のライバル対決に今回は関谷監督が参戦、マシンは2013年型SC430
一台だけウィングが寝てるんだよなぁ・・・これは怖い
3監督の全壊トークが終わった後の勝負は1位中嶋監督、2位星野監督、3位関谷監督となり日曜日に勝負は持ち越しになりました
レクサスSC430ホンダHSV-010GT
星野監督今回の対決用マシン

流石に昨年の鈴鹿ファン感謝デーと比べると小振りでしたが面白い内容だったと思います
これで私のシーズンも開幕です

ページの先頭へ