F1:Formula Web Gallery  懐かしきF1の世界へ OLD  F1  Gallery鈴鹿ファン感謝デー2015(1)


鈴鹿ファン感謝デー2015(前半)

2015年ホンダF1復活ののろしを上げる記念すべきイベント

今回のリポートは2015年3月7~8日に開催された鈴鹿ファン感謝デー2015のリポートです
事前の天気予報では土日ともあまり良い天候に恵まれないような予報が出ていましたが土曜日はともかく日曜日は過去最高レベルの快晴でした

今回のリポートは土曜日をメインにそして後半は日曜日と前後編に分けて進めて行こうと思います
まずはスーパー耐久&8耐の公開テストが始まりました赤旗が出たりちょっと荒れた展開の公開テストになりましたが

その間をついてKawasakiが新型Ninja H2とH2Rを鈴鹿サーキットに持ち込みデモ走行をするというイベントがありました
実は前日の金曜日、名神高速草津インター付近でチームグリーンのトランポに遭遇、中にH2とH2Rを積んでいたんでしょうね
Kawasaki H2R
そのKawasaki H2Rというバイクの特徴と言いますと並列4気筒998ccにスーパーチャージャーを付けてしまったサーキット専用車で300馬力を叩き出します
動画の撮影にもチャレンジしたのですがピット上からでは捕える事が出来ませんでした

4輪のイベントに話を戻してまずは「HONDA F1 復活祭 オープニング」からSTARTです
ここでは解説の森脇 基恭氏、今宮 純氏、中嶋 悟監督、ゲストのジャン・アレジ氏、デイモン・ヒル氏がホンダに関する話題を進めて行きました
そして1度目のマクラーレンホンダMP4/4、MP4/5、MP4/6の3台によるデモ走行が行われました
マクラーレンホンダ
ここでは伊沢 拓也選手(MP4/4)、塚越 広大選手(MP4/5)、山本 尚貴選手(MP4/6)が担当この後中嶋監督、アレジ氏、ヒル氏によるデモ走行も予定されていました

ピットウォークでは今回デモ走行するF1マシンをメインストレート上に止めての撮影が可能でしたので抑え程度に撮影
この後にデモ走行するのは中嶋監督のティレル019コスワース、鈴木 亜久里監督のラルースランボルギーニローラLC90、中野 信治選手のミナルディM192ランボルギーニもここで登場

特にランボルギーニのV12エンジンを積んだ2台はヒーターでガンガン暖気をしていてやる気が伝わります
ティレル019ラルースLC90
ミナルディM192マクラーレンMP4/5
この辺りから空模様が怪しくなり雨が落ちてきました、そこでプログラムを変更などをしながらデモ走行が進められて行きました
驚いたのはマクラーレンホンダMP4シリーズまでも雨の中3台が走行した事、過去のイベントでは電気系統のトラブルを避けるために雨の場合は中止になる事が多かったのです

そして永遠のライバル対決、星野一義VS中嶋 悟 宿命の対決(6度目)が始まりました
過去F1マシンや昨年はほぼ現役マシンだったSUPER FORMULA SF13を使ったバトルでしたが今年はFC106を使ったイコールコンディションでの戦いでした
土日2回の勝負で勝った方がチャンピオンベルトを腰に巻く事が出来ます、ここで星野監督はベルトへのこだわりを見せて東京にベルトを持って帰りたいと中嶋監督を説得していました


そして・・・問題のスタートは動画でまたこの手を使いましたか星野監督 私の周りも大爆笑でしたレースの判定も観客の拍手で決まり星野監督の1勝です
星野監督それでいいのですか?(大笑)

星野監督中嶋監督
中嶋監督は今回のイベントは大車輪の活躍で、マクラーレンホンダMP4/4にティレル019、そしてFC106と3台のフォーミュラカーをドライブしていました、お疲れ様です

そして雨の中、中嶋、アレジ、ヒルの歴代F1ドライバーによる雨の中のマクラーレンホンダ3台による三重奏・・・そうこれが見たかったのですよ
中嶋 悟ジャン・アレジ
デイモン・ヒルピット裏

その他にも普段ならホンダコレクションホールに行かなければ見る事の出来ないF1マシンが約30台展示していました
私もファン感謝デーに通い続けていますが史上最大級の展示だったでしょう
ホンダF1ホンダF1
ホンダF1マクラーレンホンダMP4-29H/X1


後編に続く






ページの先頭へ