LARROUSSE LAMBORGHINI LOLA LC90

ラルースランボルギーニローラ LC90

日本人初のF1表彰台を鈴鹿サーキットで達成したマシン

1990年のシーズン鈴木 亜久里選手を表彰台3位に導いたLC90あの当時はまさか日本人が表彰台に上がるなんて考えてもいなかった

ラルースランボルギーニ ローラLC90

90年の鈴鹿は色々な波乱が重なったがそれでもトップと遜色のないタイムを叩き出しながら走行するこのマシンは頼もしく見えました
コクピットのステアリングや計器類、今のF1と比べると恐ろしくシンプルですね
 
エンジン:ランボルギーニ3512 V型12気筒
排気量:3493cc
最高出力:over640ps/13000rpm
 
タイヤはグッドイヤーを採用
 

管理人メモ:ランボルギーニV12サウンドは野太い音ですよ、このマシンとも遭遇率は現在ではホンダRA301を超え最多目撃中です

LARROUSSE LAMBORGHINI LOLA LC90
LARROUSSE LAMBORGHINI LOLA LC90
LARROUSSE LAMBORGHINI LOLA LC90
LARROUSSE LAMBORGHINI LOLA LC90
LARROUSSE LAMBORGHINI LOLA LC90
LARROUSSE LAMBORGHINI LOLA LC90
ラルースランボルギーニローラLC90
ラルースランボルギーニローラLC90
ラルースランボルギーニローラLC90

クリックすると拡大します。

 
ページの先頭へ