フェラーリF187(1987)

Ferrari F187

ゲルハルト・ベルガーが87年日本GP鈴鹿でポールポジションから優勝したフェラーリF187

予選では故・ミケーレ・アルボレートが予選で当時最速の時速324.910キロをマークした
デザイナーはグスタフ・ブルナーとジョン・バーナードの大物コンビが担当、このベルガーの勝利はフェラーリにとって2年4ヶ月振りの勝利となりフェラーリ復活の狼煙をあげた

フェラーリF187:F1画像

このフェラーリF187とは近年遭遇する機会が多くなりましたが独特のターボサウンドを響かせてくれます
ほんの数日前に聞いたフェラーリF2003-GAの甲高いV10も素晴らしいですがターボはターボの音があるのです
2016年の鈴鹿ファン感謝デーでは当時のドライバーではありませんがジャン・アレジもドライブ

やはりフェラーリF187を駆るジャン・アレジはいいですね、ヘルメットも当時の白ベースの物を準備してデモ走行をしてくれましたし


エンジン:Tipo033 90度V型6気筒 ツインターボ
排気量:1500cc
最高出力:over880ps/11500rpm 
ホイールベース:2800mm
重量:540㎏
ミッション:縦置き6速ミッション

タイヤはグッドイヤーを採用


管理人メモ:このフェラーリF187に最初に会ったのは2001年のレーシングパレスで、その後鈴鹿サーキットで数回目撃する事となる

フェラーリF187:F1画像フェラーリF187:F1画像フェラーリF187:F1画像ジャン・アレジがドライブするフェラーリF187フェラーリF187:F1画像フェラーリF187:F1画像フェラーリF187:F1画像フェラーリF187:F1画像フェラーリF187:F1画像

クリックすると拡大します。


ページの先頭へ