F1:Formula Web Gallery  懐かしきF1の世界へ OLD  F1  Gallery

HOME > F1:F1マシン > LOTUS 77 FORD ロータス 78 フォード



LOTUS 77 FORD(1976)

ロータス77 フォードコスワース

旧富士スピードウェイで優勝したF1マシン

1976年F1日本GP優勝マシンである、JPSロータスフォードコスワース77はそのカラーリングと共にその心臓であるフォードコスワースDFVのエンジン音で当時の日本のファンにインパクトを与えました
そしてこの日本GPが唯一勝利を挙げたレースでした

ロータス77 フォードコスワース

エンジンは名機フォードコスワースDFVは最初期から後期型まで性能を向上させ続けた

最高出力405ps/9000rpm(初期)→510ps/11200rpm(後期)
最大トルク33.8mkg/8500rpm(初期)→37.3mkg/9000rpm(後期)

ドライバーはマリオ・アンドレッティがドライブ


管理人メモ:久々に聞くフォードコスワースDFVサウンド・・・野太いV8サウンドは心地いいです

ロータス77 フォードコスワースLOTUS 77 FORDLOTUS 77 FORDLOTUS 77 FORDLOTUS 77 FORDLOTUS 77 FORDLOTUS 77 FORDロータス77 フォードコスワース

クリックすると拡大します。

LOTUS 78 FORD(1977)

ロータス78 フォードコスワース

当時最高のグラウンドエフェクトF1マシン

マリオ・アンドレッティが操った物と同型機でJPSカラーをまとったマシン

エンジンは名機フォードDFV(ダブル・フォー・バルブ)V8で最高出力500馬力を叩き出す

この頃のマシンはグラウンドエフェクトの考え方で車が路面に吸い付いているようにコーナーを駆け抜けていきましたが余りにも速くなり過ぎたコーナリングスピードの為事故が多発、レギュレーションの改正で禁止されました

ロータス78 フォードコスワース

ところでこのマシンはデモ走行で走ったのですが、見た目以上に遅かったですタイヤがAVON(エイボン)だったのもあるんでしょうか?
鈴鹿最終コーナーの立ち上がりが鈍い・・・
昔のF1マシンに過大な期待をしてしまったのが間違いだったのでしょうか?

良く考えればフォードDFVは昔F3000(現フォーミュラニッポン)で使われていたのでエンジンなので現在のスーパーフォーミュラよりも遅いのです
技術の進化は恐ろしいものです

ターボ全盛期予選で1500馬力を叩き出したマシンより今のマシン(800馬力弱)の方が1LAPのタイムは速い(90年代のハイテクマシンよりも今のマシンは速いのです)

タイヤの性能向上と空力性能、やっぱりエンジンだけでは勝てない時代なんですね

管理人メモ:JPSにこだわる私が初めて遭遇したJPSロータスF1です

LOTUS 78 FORDロータス78 フォードコスワースロータス78 フォードコスワースロータス78 フォードコスワースロータス78 フォードコスワース

クリックすると拡大します。

ページの先頭へ