F1:Formula Web Gallery  懐かしきF1の世界へ OLD  F1  Gallery Formula Web Gallery懐かしいF1の世界へ

HOME > F1 > SUPER AGURI HONDA SA05 スーパーアグリ ホンダ SA06


SUPER AGURI SA05 HONDA(2006)

スーパーアグリ SA05 ホンダ

メルボルン空港に展示されていたモノコックを使った急造マシン

旧アロウズ『A23』をベースにホンダのV8-2400㏄エンジンを搭載2006年のレギュレーションに合わせるため大きく改造された

その特徴は下部に角のようにあるツインキールを採用していましたというよりアロウズA23そのものと言った方が判りやすい

SUPER AGURI SA05 HONDA


このSA05は初期型のタイプで毎戦のようにモディファイされた後期SA05のデザインに比べるとシンプルですがマシンの素性を知る分にはこのすっきりとしたデザインはありがたいです

戦績の方は目立った成績は上げていないものの急造マシンの割には意外な耐久性を見せる事になった

エンジン ホンダRA806E
排気量 2400㏄
エンジン形式 V型8気筒自然吸気
最高出力 over700PS
エンジン回転数 19,000rpm以上

管理人メモ:ありあわせの機材で立ち上げたSAF1の初号機我慢のレースが続く

SUPER AGURI SA05SUPER AGURI SA05 HONDASUPER AGURI SA05SUPER AGURI SA05SUPER AGURI SA05

クリックすると拡大します。

SUPER AGURI SA06 HONDA(2006)

スーパーアグリ SA06 ホンダ

0ポイントだったがライバルチームと戦えたSA06

2005年に鈴木 亜久里氏が突如F1参戦構想を発表した
その計画は既存のチームを買収するのではなく06年に日本人によるゼロから始めるプライベートチームとしてスタートすると言うプランだった

当初ホンダ(BAR)シャーシを使用する算段だったが他のチームからクレームが出て急遽シャーシを準備することになりました
そのシャーシとは既にF1から撤退したアロウズA23のシャーシを所有する元ミナルディF1のオーナーポール・ストッダートからA23を購入するすることから始まった

その内の1台は空港に飾ってあった物も含まれていました

SUPER AGURI SA06

そうして現代のエアロパーツとエンジン、タイヤを装着したスーパーアグリF1の1号車SA05が完成しました、しかし日進月歩のF1テクノロジーの世界で4年落ちベースのSA05は意外な耐久性は見せたもののただ参加しているだけのマシンといった印象しかありませんでした

しかしチームは地道な改良を進め徐々に当面のライバルチーム、ミッドランドとのタイムを詰めて行くそうしてこのSA06、さらに改良を加えたSA06Bに進化した最終戦では決勝でも10位完走を果たす

決勝のラップタイムもライバルチームと遜色なく僅か1年でスーパーアグリはF1の世界で認められる存在に成っていく

ドライバーは当初佐藤 琢磨、井出 有治選手のコンビだったが井出選手のライセンス取り消し等がありフランク・モンタニー、山本 左近選手とメンバーチェンジを行なった

エンジン ホンダRA806E
排気量 2400㏄
エンジン形式 V型8気筒自然吸気
最高出力 over700PS
エンジン回転数 18,500rpm以上
タイヤはブリジストンを使用

管理人メモ:雨の中デモ走行を行なったSA06ドライで見たかったですね

SUPER AGURI SA06SUPER AGURI SA06SUPER AGURI SA06

クリックすると拡大します。

ページの先頭へ