F1:Formula Web Gallery  懐かしきF1の世界へ OLD  F1  Gallery

HOME > F1:F1マシン > ベネトンフォード B189 BENETTON FORD B189



BENETTON FORD B189(1989)

ベネトンフォード B189

1989年鈴鹿グランプリ優勝マシンのベネトンフォードB189

1989年のF1日本グランプリ・鈴鹿は大荒れの展開になりました
マクラーレンホンダMP4/5を駆るアイルトン・セナとアラン・プロストがシケインで接触、プロストはそこでリタイヤになりましたがセナはそのままレースに復帰しトップチェッカーを受けましたがレース後の裁定でシケイン不通過により「失格」となりました
それにより繰り上がったのがアレッサンドロ・ナニーニがドライブするベネトンフォードB189でした

ベネトンフォードB189

彼にとっては最初で最後の優勝であり翌年の鈴鹿GP前にヘリコプター事故により片腕を切断、レーサーを引退してしまいます

さてこのベネトンフォードB189の特徴はサイドポンツーン上のエアインテークの形状、これは前モデルベネトンフォードB188から正常進化した物

主な変更点は名機フォードコスワースDFV系(DFR)から完全に新設計された新型エンジンのフォードHBを搭載した事
ワークスエンジンを手に入れる事によってベネトンはトップ3のチームを脅かす存在になって行きます

エンジン:  フォードコスワース HB シリーズ1
排気量:   3498㏄ V型75度8気筒 自然吸気
最高出力:  over600馬力
トランスミション: 6速MT

管理人メモ:奇抜な配色とデザインワークが美しいマシンでした

ベネトンフォードB189ベネトンフォードB189ベネトンフォードB189ベネトンフォードB189ベネトンフォードB189ベネトンフォードB189ベネトンフォードB189

クリックすると拡大します。

ページの先頭へ