F1:Formula Web Gallery  懐かしきF1の世界へ OLD  F1  GalleryF1 Formula Web Gallery懐かしいF1の世界へ


Toleman TG184 HART

トールマン TG184 ハート

アイルトン・セナのF1デビューマシンのトールマンTG184ハート

1984年にF1デビューしたアイルトン・セナが所属したチーム、トールマンはF2などにも参戦した中堅チームでした
F1にステップアップしてからはエンジンをブライアン・ハートが率いるハートの直列4気筒ターボエンジンを搭載してF1を戦いました

トールマン TG184 ハート

さて今回紹介するトールマンTG184ハートというマシンの特徴はダブルリアウィングともいえる構造ですね
当時のレギュレーションの解釈で生まれたアイディアで強力なダウンフォースを生み出すという

雨のモナコGPであと少しでマクラーレンTAGポルシェを駆るアラン・プロストを追い詰める事が出来たという後々のモナコマイスターへの流れを作ったともいえるマシンがこのTG184です

流石にこの当時はF1GP自体が鈴鹿で開催される前という事もあり、今回が鈴鹿サーキット初登場となりましたが、やっぱりインパクトのあるマシンでしたね
セナがロータスに移籍した後、トールマンはベネトン・フォーミュラに売却されることになり消滅しました

日本への輸送中、フロントウィングの破損というトラブルを抱えながらも当日デモ走行を行ってくれたオーナーさんの心意気に感謝、実際ハートエンジンのサウンドを聞くのはこれが最初で最後になりそうな気もしますし・・・

エンジン:ハート 415T 直列4気筒 ターボ
排気量:1496cc 
最高回転数:10750rpm/over600ps
全長:mm
全幅:mm
全高:mm
重量:540kg
ギアボックス:5速

管理人メモ:実車を見たのは初めてでしたが存在感のあるデザインは注目の的でした

トールマン TG184 ハートトールマン TG184 ハートトールマン TG184 ハートトールマン TG184 ハートトールマン TG184 ハートトールマン TG184 ハート

クリックすると拡大します。

ページの先頭へ