F1:Formula Web Gallery  懐かしきF1の世界へ OLD  F1  GalleryF1 Formula Web Gallery懐かしいF1の世界へ

HOME > F1 > BAR HONDA 002 BAR ホンダ 005


BAR HONDA 002(2000)

BAR ホンダ 002

誤算から始まったホンダの参戦計画を象徴するマシンBAR002

2000年、8年繰りのシーズンに本格復帰したホンダF1
正式名:ラッキーストライク・レイナード・ブリティシュ・アメリカン・レーシング・ホンダ

ドライバーは96年CART、97年F1王者ジャック・ビルヌーブとリカルド・ゾンダのコンビで戦った
ホンダの第3期F1活動の記念すべきマシンです

BAR ホンダ002


エンジン種類 RA000E/水冷4サイクルV型10気筒DOHC4バルブ
総排気量 3,000㏄
最高出力 over 800PS
車両重量 600kg (ドライバーを含む) Formula Weight



管理人メモ:参戦当時、強力な布陣と期待していたB・A・Rだったがホンダの誤算はこの時から始まっていたんですね

BARホンダ002BARホンダ002BARホンダ002BARホンダ002

クリックすると拡大します。

BAR HONDA 005(2003)

BAR ホンダ 005

BARの中では秀作だったBAR005

前年までの失敗作続きだったBARがジェフ・ウィリスの加入によりやっと戦闘力を得るようになった
空力からエンジンのパワーアップ、軽量化までを高バランスで達成したマシン

後に黒い005コンセプトカーがオフのテストで好タイムを連発したのは記憶に新しいところ

ドライバーはジャック・ビルヌーブ&ジェイソン・バトンのコンビ
なお最終戦鈴鹿は佐藤 琢磨選手が出場して5位入賞を果たす

新型エンジンRA003EはV10 3000㏄ 
18000回転から900馬力オーバーを達成、この時はまだブリヂストンタイヤを採用していました

BAR ホンダ 005

管理人メモ:この005で上昇気流に乗ると信じていたのですが・・・

BARホンダ005BARホンダ005BARホンダ005BARホンダ005BARホンダ005BARホンダ005BARホンダ005

クリックすると拡大します。

ページの先頭へ