F1:Formula Web Gallery  懐かしきF1の世界へ OLD  F1  Gallery

HOME > F1:F1マシン > LOTUS 72E FORD ロータス 72E フォードコスワース



LOTUS 72E FORD

ロータス72E フォードコスワース

ロニー・ピーターソンが4勝をマークしたF1マシン

1970年に登場したフォードコスワースDFVを搭載したF1マシンがロータス72
ロータス72は長命なシャーシで都合5シーズン(1970~75年)現役マシンとして参戦を続けることになる

LOTUS 72E

その間にスペックは変わっていますがこのマシンは72Eというタイプになります
72/1から72/9まで9台が制作されて6台が現存している

このマシンは72/6、72Dスペックで製造されEスペックにアップデートされたマシン
72Eを駆ってロニー・ピーターソンが4勝、エマーソン・フィッツパルディが3勝を挙げて
コンストラクターズ・タイトルを獲得する

このマシンの特徴は何と言ってもこの楔形のデザインでサイドポンツーンなど現代のF1の基礎となるデザインがこの時代に誕生しました

ちなみにこのマシン2014年に開催されたモナコグランプリ・ヒストリックにて見事優勝したマシンでもあります

エンジン:フォードコスワースDFV
形式:V型8気筒 自然吸気 2993cc 
最高出力:over440PS

管理人メモ:特徴的な低いノーズと造形、当時としては革新的で野心が詰まったマシンでした

ロータス72Eフォードコスワースロータス72Eフォードコスワースロータス72Eフォードコスワースロータス72Eフォードコスワースロータス72Eフォードコスワース

クリックすると拡大します。

ページの先頭へ