MINARDI LAMBORGHINI M192(1992)

ミナルディランボルギーニ M192

ランボルギーニV12搭載を搭載したが1ポイントしか獲得できなかったミナルディM192

90年代前半のミナルディはフェラーリや今回のランボルギーニというV12ユニットを搭載したマシンを登場させました

当時の記事を見ると3台作成された内の1台がこのマシンで鈴鹿サーキットでC・フィッティパルディが6位になったマシン
現在の持ち主はなんとJLOC(ジャパン・ランボルギーニ・オーナーズクラブ)会長の則竹会長

DSCF2959.JPG

今では見ることの出来ない3500cc V12エンジンのエンジン音をこの耳でしっかり聞いてきました
ドライバーはジャンニ・モルビデリ&クリスチャン・フィッティパルディ、スポット参戦でアレッサンドロ・ザナルディ

エンジン:ランボルギーニ3512 V型12気筒 自然吸気
排気量:3493㏄
最高出力:over700ps

管理人メモ:今後ミナルディのようなチームは出現しないでしょう、デモ走行は2回見る事ができました

MINARDI LAMBORGHINI M192MINARDI LAMBORGHINI M192MINARDI LAMBORGHINI M192MINARDI LAMBORGHINI M192MINARDI LAMBORGHINI M192ミナルディランボルギーニ M192ミナルディランボルギーニ M192ミナルディランボルギーニ M192ミナルディランボルギーニ M192

クリックすると拡大します。



ページの先頭へ