F1:Formula Web Gallery  懐かしきF1の世界へ OLD  F1  Gallery Formula Web Gallery懐かしいF1の世界へ


トヨタTF101 (2001)

TOYOTA TF101

実戦には登場しなかったプロト・タイプF1マシンTF101

社内コード「AM01」と呼ばれたこのマシンは02年シーズンに参戦する為に1年間基礎テストを続けました

本来V12エンジンを積む予定でしたがレギュレーションの変更によりV10エンジンを新たに開発しなければならなかった為1年参戦を見送ったとも言われています

開発ドライバーはトヨタF1プロジェクトを最初から参加したアラン・マクニッシュと全日本F3000からロータス、ティレル、ザウバー、フェラーリと渡り歩いたミカ・サロが勤めました

トヨタ TF101



このマシンの特徴は無難に(冒険せず)まとめているところですが後方のシングルプレートがCARTマシンのような造形になっていました

エンジンはRVX-01を搭載

管理人メモ:最初に遭遇したのはトヨタ会館でした、その後MEGA WEBで5年ぶりに再会を果たす

トヨタ TF101トヨタ TF101トヨタ TF101トヨタ TF101

クリックすると拡大します。

トヨタTF102 (2002)

TOYOTA TF102

実戦投入されたトヨタ初のフル参戦F1マシンのトヨタ TF102

世界のトヨタが02年からF1サーカスに参戦した最初のモデル
開幕戦から初入賞と幸先の良いスタートを切ったが1年を通してみるとぎりぎり及第点か?

ドライバーは昨年と同じくM・サロとA・マクニッシュのコンビ02年の鈴鹿の予選で130Rでマクニッシュが大クラッシュ

マシンは大破しガードレールを突き破ってしましたがドライバーは無事でしたがこれにより鈴鹿サーキットの改修工事が行われました

エンジンはRVX-02を搭載

トヨタ TF102

管理人メモ:撮影当時、大阪の中心部梅田のアムラックス大阪(現在はナムコのゲームセンター)で展示されていました

トヨタ TF102トヨタ TF102トヨタ TF102

クリックすると拡大します。

ページの先頭へ